専門実践教育訓練給付制度

仕事のスキルアップ・資格取得をめざす方を支援します。

専門実践教育訓練給付金とは

専門実践教育訓練給付金は、一定の条件を満たす雇用保険の被保険者(一般被保険者及び高年齢被保険者)、または被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し、修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合(上限あり)をハローワークから支給する制度です。

給付金額

在学時と卒業後で最大168万円を支給します。

本校においては教育訓練受講中に 年額40万円×3年間=120万円を支給します。
訓練修了後に上記条件を満たした場合、追加で168万円-120万円(3年間支給)=48万円が追加支給となり、合計金額支給額は168万円となります。

専門実践教育訓練給付制度

①受講者が支払った入学金・授業料のうち、50%を支給(年間上限40万円×3年間)
②更に、受講修了日から一年以内に資格取得等し、雇用保険被保険者として雇用される等の場合には20%を追加支給(年間上限16万円×3年間)

①と②の合計で、本校の場合、3年間で合計168万円が支給されます。

対象となる方

初回受給の場合、講座の受講開始までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。
※詳細は、ハローワークで確認してください。

支給額の内訳

1.専門実践教育訓練受講中

受講者が支払った教育訓練経費の50%
(ただし、120万円を超える場合、支払限度額は120万円となる)

2.専門実践教育訓練修了後

資格取得等をし、かつ修了した日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された場合、受講者が支払った教育訓練経費の70%
(ただし、168万円を超える場合、教育訓練受講中に支給した額との差額を支給)

教育訓練経費と自己負担額

3年間の教育訓練経費は3,010,000円(入学金 400,000円+受講料 2,610,000円)。
この給付制度を利用することで自己負担額は1,810,000円となります。

受講料
(入学金含む)
給付額 自己負担額
入学金 400,000円 400,000円
1年次 870,000円 400,000円 470,000円
2年次 870,000円 400,000円 470,000円
3年次 870,000円 400,000円 470,000円
合計 3,010,000円 1,200,000円 1,810,000円

支給申請手続きについて

専門実践教育訓練の教育訓練給付金の手続きは、ハローワークが窓口となっています。訓練対応キャリアコンサルタントによる訓練前キャリアコンサルティングで就業の目標、職業能力の開発・向上に関する事項を記載したジョブ・カードの交付を受けたあと、ハローワークなどで配布する『教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格確認標』とジョブ・カードをハローワークへ提出します。
この手続きは原則として、受講開始日の1ヶ月前までに、住居所管轄のハローワークで行う必要があります(支給を受けるための支給申請は別途手続きが必要)。
※本制度の受講を希望する方は、2月中にハローワークで手続きを行ってください。

教育訓練支援給付金

上記の「専門実践教育訓練給付金」に加え、初めて専門実践教育訓練を受講する方のうち、受講開始時に45歳未満、かつ訓練期間中失業状態にある場合など一定の条件を満たす場合には、教育訓練の受講をさらにサポートするため「教育訓練支援給付金」が支給されます。
※2022年3月31日までの時限措置

教育訓練給付金の支給申請をご希望の方は、一定の要件がありますので、ハローワークにおいて受給資格の可否を照会することができます。また、教育訓練給付制度の受給条件などについての詳細は、厚生労働省のホームページやハローワークのホームページなどでご確認ください。

厚生労働省:教育訓練給付制度
ハローワーク:教育訓練給付制度